キャバ嬢と女の子は違う

キャバ嬢にも使える極悪テクニック(無料)

無料お持ち帰りレポート

キャバ嬢と女の子は違う

キャバ嬢を口説きたい、と思う時、彼女たちを「女の子」とカテゴライズしていないでしょうか。もし、彼女たちを女の子だと思っているのであれば、それは今すぐ改めたほうがいいです。彼女たちは、基本的には全く別の人種であると考えたほうがよさそうです。

 

 

 

たとえば、普通の女の子が喜ぶであろうことって、なんとなく経験則で知っていたり、雑誌やテレビでやっていたりしますよね。しかし、それはそのままではキャバ嬢には絶対に通用しません。もちろん、彼女たちは一度仕事を離れてプライベートになれば喜ぶかもしれません。しかし、あなたと相対しているとき、彼女たちはキャバ嬢です。違う生き物です。

 

 

 

キャバ嬢と女の子との決定的な違いは、人生において男性とかかわる時間、そして人数です。また、関わっている男性も、キャバクラにお客さんとして来る層です。普通の人ではありません。

 

 

 

キャバ嬢は、優しく扱われることが当たりまえです。それがお金を通してのことであっても、それが日常になっています。そして、その裏にはうずまく下心があるということも彼女たちは分かっています。ですから、男性の優しさをそのまま受け止めることはありません。

 

 

 

こうしていくと、感覚が普通の女の子とはちょっとずつずれていきます。キャバ嬢に普通に優しくしてものれんに腕押しなのは、当然のことなのです。もちろん、優しさは必要なのですが。

 

歌舞伎町にある個性的なホストクラブ

 

キャバ嬢を攻略するには、まず、普段彼女たちがどう扱われ、そのことでどう感覚がずれていくかということを考えることが必要です。