行動を逆にする作戦 その2

キャバ嬢にも使える極悪テクニック(無料)

無料お持ち帰りレポート

行動を逆にする作戦 その2

さて、どうしても落としたいキャバ嬢がいれば、まず、一人のキャバ嬢に落とす期限そして、金額を決めておきます。それが第一歩です。そして、その期限内に落とせなければ、諦めるのです。

 

 

 

ですが、この子はどうしても! ということもあると思います。その場合、どうするか。それは、前回に置いておいた格言です「真逆の行動を取れ」というものです。以下、具体的に挙げていきます。

 

 

 

例えば、メールを返信するタイミングや時間を変えるというのがあります。今まで、メールが来たらすぐに返信していたのならば、少なくとも数時間置く、というのがいいです。

 

 

 

また、お店に行くタイミングもずらしてみましょう。今までキャバ嬢から呼ばれたら行っていたのを、自分のタイミングで行くように変える、また今まで自分のタイミングで行っていたのであれば、嬢からの誘いで行くようにする、などです。

 

 

 

電話の時間なども変えてみましょう。長電話を短く、短時間の電話を長く、というものです。

 

 

 

話している内容なども逆にしてみましょう。自分の話しをしていたのならば彼女の話しを聞く方向に。

 

注意すべきは、これらを一ぺんにではなく、一つ一つ変えていくことです。そして、露骨にいきなり、というのはアウトです。そうではなく、気持ちを変えずに行動だけさりげなく変えるのです。

 

よく言われる、「落とせないなら指名する嬢を変える」というのは絶対にダメです。嫉妬を煽るのだそうですが、これ、嬢から非常に評判が悪いです。