行動を逆にする作戦 その1

キャバ嬢にも使える極悪テクニック(無料)

無料お持ち帰りレポート

行動を逆にする作戦 その1

これから言うことを覚えておいてください。

 

 

 

「キャバ嬢を落としたいのであれば、今とは真逆の行動をとれ」

 

 

 

どういうことでしょうか。

 

 

 

キャバ嬢を落とすには、時間をあまりかけてはいけません。というか、時間がかかっているということイコール、キャバ嬢にいいように扱われ、いい金づるにされているということなのです。ですから、期限を決めて、これだけで落とせなければもう無理、と思ったほうがいいでしょう。そのほうが、精神衛生上にも安心です。

 

 

 

ただ、キャバ嬢は、まさにパチンコ台のような性質を持っています。もうすこし玉を入れれば当たるのに、というやつです。もう来てるよ、というやつです。そう思わせるように、擬似恋愛のようなものを次々仕掛けてきます。そして、そういう時間や労力を費やす度に、私たちはお金がかさんできます。引くに引けない、ということになります。

 

 

 

キャバ嬢は、このようにして時間をひっぱり、感覚を麻痺させていきます。そして、私に会いたければお店に来て、という状態にするのです。もし、本当に落とせるのであれば、お店にわざわざ呼びませんよね。そんなあたり前のことですら、キャバ嬢にハマっている人にとっては、思いも及ばないのです。

 

ですから、まず、先の格言よりも先に、キャバ嬢を落としたいのであれば、一定の期限を切りなさい、ということは強調しておきます。期限はおまかせしますが、まあ3回通う、ぐらいを目安にするといいです。一によっては1回で切りますよ。